毎日素敵に満ちている 気になる閑話

あなたいったい何様?!叫びたかったのに叫べなかった事件の記憶

投稿日:

こんにちは!
ノアです

前回に続いて

残ってしまっている思いや
いやな記憶と

 

折り合いをつけるために
どうしたらいいのか

というお話です

 

Iさんとのかかわり

私がIさんを知ったのは

ある雑誌の文芸部門で
体験記の最優秀賞を

受賞した人としてでした

こちら参照

 

ある折にそのIさんが
当時私の所属していた文芸サークルに

師匠と一緒に来るという話が
突然持ち上がりました

 

私のIさんについての印象は

思い込みが強くて
配慮に欠ける人

という感じだったのですが

 

その文芸サークルにとって
「最優秀賞を受賞した
体験記を書いた人」というのは

狭い世界のこととはいえ
それなりのステータスと
なっていました  

 

それに会ったこともない
Iさんに対して

わずかな情報だけで  

どのような人かと
決めつけるのも
失礼な話です

 

 

ですから私もサークルの
ほかのメンバーと一緒に

Iさんを歓迎しようという
気持ちでした

 

話が合う人かも?

師匠とIさんを

迎える準備や手配を
しているうちに

 

Iさんが作家Kについて
研究していて

その研究結果を
発表したいと言っている

という情報がもたらされました

 

私ははじめて

Iさんに好意をおぼえました

 

Kは私も大好きな
作家だったのです

 

私はIさんに
手紙を書きました

 

作家Kが学生時代から大好きで

彼の作品はエッセイを含め
すべて読んでいること

 

彼の作品には
どういう思想があり

例えばどの作品のどの部分に
それを感じるかということ

 

作家Kの書く原動力は
どういったことにあると
思うかということなど

 

私は自分でも意外なほど
熱く自論を展開し

 

 

お会いした時に
Kについて
お話しできるとうれしい

という内容を送りました

 

 

えっ?

いよいよ

Iさんが勉強会に来ました

 

「はじめましてノアです」
挨拶をすると

Iさんは
「お手紙をありがとうございました」

と言った後私を見つめ
「ノアさんは
私が思い描いたとおりの
人ですね」と言いました

 

この言葉に
どういう意図があったのか

私は今でもわかりません

 

Iさんは作家Kについて
資料を配りました

 

それをぱらぱらとめくり
私は{へえー」と思いました

 

私がIさんに送った手紙で
展開した自論と

同じような内容が

評論家の著書から
抜粋して引用され
まとめられていたのです

 

「うんうん
Kの作品の本質は
誰が見てもここよね」

 

などと納得しながら顔をあげると
Iさんと視線が合いました

なにかIさんの様子が変なのです

 

次の瞬間
Iさんの目が
スッと険しくなりました

私は「あっ」思いました

Iさんの目が
私に言っていたのです

「私は見ぬいているわよ
あなたはこれらの
ほかの人の意見を

自論であるかのように
私に言ってよこしたのよね」

 

言葉ひとつなく
私を糾弾しようとしている
Iさんに

何が言えたでしょう

 

しかも周囲の人は
誰も何が起きているのか
気が付いていないのです

 

その後のことは
自分の頭に入りませんでした

 

食事会のフランス料理も
何を食べているのか
わかりませんでした

 

Iさんは涼しい顔で
作家Kについての
研究成果を披露し

フランス料理を堪能し

帰っていきました

 

 

 

残る気持ちをどうする

これは冷静に考えると

早とちりで

思い込みも激しく

正義感を勘違いしている

どこかのおばさんに

 

誤解されたという
ただそれだけのことです

 

その一方で

そのような事実があった
という証明もできなければ
証人もいません

 

ですから私には
弁明の機会もあたえられないまま

モヤモヤした気持ちだけが
残ってしまいました

 

 

このように今の自分には
何の影響もないのに
忘れられなかったのは

言葉もなく侮辱されるという
あまりない出来事だったから

かもしれません

 

 

この出来事は長い間
誰にも話さないまま

私の中に残っていました

 

みなさんには

このように
どうしても忘れられない
いやな記憶はありませんか?

 

実は私は最近になって

これをどうでもいいことにする
方法に出会いました

 

この浄化方法を知らなかったら

私はいつまでも
このくだらない出来事の記憶に

縛られたままだったでしょう

 

 

ですから記憶や気持ちの整理をして
すっきりしたいと思っている人に

この方法をお伝えします

 

この方法は

気持の棚おろしができるだけではなく
あなたの次の一歩にもなる方法です

 

どうですか?

いらない嫌な記憶や思い出

すっきりと片付けませんか?

 

次回はいよいよ

この方法について
詳しくお伝えします

 

 

なお次回まで待てないというあなたは

fukusiawase@gmail.com に

「待てません」とお知らせください

 

この素敵な方法を伝授します

 

 

ノアのおすすめ記事

『終活』は『死』の準備ではなく残りの時を『生きる』ために

寝たきりにされないための家族にしかできない決心

 

 

-毎日素敵に満ちている, 気になる閑話

Copyright© 社会福祉士ノアの 福祉や高齢者の生活・介護の悩み事相談室 , 2020 All Rights Reserved.