毎日素敵に満ちている 気になる閑話 社会は人の支え合いでできている

英語が自由に話せたらどうしたい?一緒にわくわくしませんか

こんにちは!
ノアです

みなさんは異国の言葉を
話せますか?

 

スタート直後のつまずき

私はバリバリ昭和世代です

 

英語に初めて触れたのは
中学生になってからでした

 

よその国の言葉が
自由に話せるなんて
なんかかっこいい!

 

と考えて

 

はじめは英語の先生に
教材のレコードを
貸してもらったり

 

英語の童話を買って読んだり

 

つまりかなり張り切って
英語人生をスタートしました

 

でも正直に言います
中学校を卒業する頃

私は英語が
嫌いになっていました

 

理由は文法です

「日本語と言葉の並びが違う」

という当たり前の現実に

どうしてもなじめなかったのです

 

平たく言うと
融通性のない頑固者で
英語の言葉の並びに

「納得できなかった」

これがすべてでした

 

そこからしばらく
英語を避ける日々が続きます

 

英語ができない

社会人になった時
アルバイトで(今のフリーター)
大学に勤めていました

 

ある研究室に行くと
インド人の留学生しか
いなかったことがありました

 

わずかな英単語と

身振り手振りで

「教授」と「書類」は
何とか伝わりました

 

彼は根気強く真剣に
私の片言ですらない英語に
向き合ってくれました

 

「教授から私にくれた書類か?
私から教授に渡す書類か?」

と問われるところまでは
たどり着いたのですが

 

なんと私は!

「giveとtake」と
どちらが「与える」で
どちらが「取る」か

どうしても
思い出せなかったのです

 

彼はこれは無理だと
判断しました

 

おろおろする私に
「大丈夫心配しないで」
と日本語で優しく言いました

 

日本に来て
何度も同じような場面を
体験してきた
証であるかのように

 

彼はその部屋を出ると
隣りの部屋をノックしました

 

日本人の女性が現れ
私は彼女に書類を
頼むことができました

 

インド人の彼はお礼を言う私に

何度も満足げにうなずき
「ダイジョウブ シンパイナイ」
と優しく言いました

 

私は心から彼と
ちゃんと会話ができたらと
思ったのです

 

やっぱり話したい

すぐに英会話テープを
購入しました

 

カセットテープの
ウォークマンも買い

 

朝夕各1時間の通勤時間
ずっとそれを聞きました

 

単語はかなり
聞き取れるようになりました

 

勤務先の友人に誘われて
4人で1人の先生について
英会話レッスンもはじめました

 

が残念ながらこれは
1か月で終りました

講師の彼が
まったく英語を使わない
日本人に教える術を

持っていないことが
わかったからです

 

その後の私の英語遍歴は

教材を手に入れて
半年くらい頑張り

 

英会話はモノにできず

 

聞き取りがちょっと進歩
の繰り返しです

 

ちゃんと話せない

文章にならない

文法が組み立てられない

 

単語が出てこない

 

さらに私は自分の
決定的な欠点に
気が付きました

海外の人との会話に
臆してしまう自分です

 

普段の私の生活圏には
日本人以外の知人がいません

 

たまに交流できる場があっても
必要に迫られなければ
自分からすすんで話すことも
しないできました

 

必要があれば
予め単語を確認して
要件を伝えることはできます

 

でも何か問いかえされると
もう言葉に詰まってしまいます

 

話す必要がなければ
何を話したらいいのか
わからないということと

 

自分から話しかけておいて
話題もなかったら
失礼なんじゃないかと
考えてしまいます

 

私の親友のパートナーは
「なぜ日本人は
自分と話してくれないのか」
と嘆いていました

 

彼とはもう何度も会い
夫婦ぐるみで
一緒に旅行までするようになり

私もやっと片言で
話すようになりました

言葉はなんのためのもの?

このような今までの体験から

日本語以外の言葉は
勉強するものではない

というのが
私の結論です

 

もちろんこれは

言葉がわからないなら
コミュニケーションなど
必要ない

という意味ではありません

 

言葉は話すもの
言葉は聞くもの
言葉は伝えるもの

これらの目的を
見失ってしまったら

身につくはずがない

ということです

 

受験のための英語なら
「勉強する」で正解です

 

でも言葉を言葉として
使い受け止めるなら

それはやはり

使いこなしていくもの
だと感じるのです

 

使うために
伝えるために
言葉の意味を知っていく

 

そう考えると
意味の知らなかった
日本語を知っていくのと
同じかもしれません

 

もちろん相手の国の
文化やマナーを
知っておくことも
大切です

 

言葉ができるできないに
囚われていると

その先にある
素晴らしい出会いも
失ってしまいます

 

つい先日あるコミュニティが
発足することを知り

今までの経験から
自分に続くかな…

と思いつつも
入れてもらいました

 

通りを歩いていて
英語で道を聞かれた時
その人が迷わないように
道順が伝えられたら

 

親友のパートナーと
「これすごくおいしいね」
と会話ができたら

 

街中で誰に聴いたらいいのか
困っている様子の人に

躊躇なく声をかけて
お手伝いが出来たら

 

それくらいは
できたらいいな
そんな気持ちでいます

あなたもいかがですか?

よかったらいっしょに
コミュニティで楽しく
考えてみませんか?

 

私が参加している

コミュニティの情報は

こちらからご覧ください

Naokoのニカラグアな暮らし

大人のためのライフスタイル・チョイス

 

このブログ内の記事について

『記事に「.....」と書いてあるけど、
このことをもう少し詳しく知りたい。』

『こういう時はどこに相談に
行ったらいいの?』

などの質問やコメントなど
お気軽にどうぞ。

質問等については
こちら を利用できます。

 

個人情報については

こちらからの回答のため以外に
第三者に提供することは
ありませんので

安心してご連絡ください。

 

ノアのおすすめ記事

転勤になった!転校が不安な子どもとどう向き合う?

視覚に障がいのある人がいたら 当たり前にできるお手伝い

-毎日素敵に満ちている, 気になる閑話, 社会は人の支え合いでできている

© 2022 ノアの お助け福幸せさがし