社会は人の支え合いでできている 福祉ってなに?

先人の呪い この負の遺産を私たちは越えられるのか Vol.1

こんにちは!
ノアです

 

日本には先人にかけられた
呪いが残っていますが

このことを知る人は
あまりいません

 

今回お話しするのは
暑い夏を涼しくする
怪談とは違いますが

簡単には解けない
呪いのお話しです

 

この記事のシリーズ

先人の呪い この負の遺産を私たちは越えられるのか vol.1

先人の呪い この負の遺産を私たちは越えられるのか vol.2

先人の呪い この負の遺産を私たちは越えられるのか vol.3

先人の呪い この負の遺産を私たちは越えられるのか vol.4

先人の呪い この負の遺産を私たちは越えられるのか vol.5

 

いきなり殴られた気分

福祉支援の仕事を
していた頃のことです

 

外回りから職場に戻ると
上司が来ました

 

「ノアさんのことで
苦情があってね」
上司が言いました

 

「昨日先祖代々の土地から
出て行けと言われたって」

 

「はい?」
私は前日に会った人達を
思い浮かべました

 

「ウタリ協会のSさんが
怒鳴りこんできた」

 

私は苦情の主が誰のことか
すぐに理解しましたが

同時に言葉にできないくらいの
衝撃を受けました

 

「ノアさんがそんなことを
言うことはあり得ないと

説明をしたら
納得して帰ったから」

 

上司は状況を理解してくれている
ということはわかりましたが

「ありがとうございます」

私はあまりの衝撃に
お礼をいうのがやっとでした

 

「よくあることだから」
上司はそう言って
自分の席に戻りました

 

*ウタリ:アイヌ語で仲間のこと

*ウタリ協会:現在の北海道アイヌ協会

 

通勤できない場所

私は前日のことを
思い浮かべました

 

ウタリ協会に訴えた
Hさんは

働き盛りの40代

 

出稼ぎ先で怪我をして失職

福祉の支援を受けていました

 

知らない土地で怪我をして
一人で大変だったらしく

 

もう家族と離れて
遠くに行きたくないと言います

 

ところがHさんの家は

畑地の中の1件家で

集落に行くバスは
朝10時までありません

 

それも1日に3本

 

近隣住民のほとんどは
車を持っていて

バスに乗らないのです

 

帰りのバスも
最終は4時までです

 

怪我で足を悪くしたHさんは
自転車にも乗れません

 

仮に自転車に乗れたとしても
冬は雪が積もりお手上げです

 

 

つまり仕事が見つかっても
通勤ができないのです

 

広い北海道でも
人が住んでいて

ここまで不便な土地は
数えるほどしかないでしょう

 

 

前日私がHさんに話したのは

働くことを実現するには

仕事を探す前に
通勤できる環境の確保

 

つまり転居も考えてはどうですか?
という投げかけでした

 

 

 

信頼されるはずがなかった

転居については
もちろん厳しい言い方も
していませんし

 

強い口調で
話した覚えもありません

 

ましてや転居を強制するなど
あってはならないことです

 

私がなぜ転居の提案をしたのか

Hさんは理解していると
信じていたのですが

 

 

Hさんには

「先祖代々の土地から
出て行け」

と聞こえていたわけです

 

この時にはじめて

Hさんとの間には
信頼関係がある

ちゃんと話せば
わかってくれる

そう思っていたのは
自分だけだったと
思い知らされました

 

呪の力

Hさんと信頼関係がないと
気が付いた私でしたが

どうしてわかってくれないのかと
怒ったり悔しさを感じたり
することはありませんでした

 

Hさんとの間にある溝は

 

私がHさんに何かをしたとか
謝ればわかってくれるとか

そんな軽いことではなく

 

長い間の
差別した側と
差別された側という

負の歴史からの呪い

としか言いようがない
問題だと理解できたからです

 

残念なことにその頃

私はHさんの生活を
立て直す支援をする側で

Hさんは私に支援される側でした

 

私にHさんを
差別したり
支配したり
従わせようとしたり

そのような意識があってもなくても

なんの関係もないのが
消えない「呪い」そのものだと

 

私は無力にも
認めるしかなかったのです

この時私の脳裏に

一目で言葉をなくした
ある光景が浮かんできました

この先は次回の記事に続きます

 

この記事のシリーズ

先人の呪い この負の遺産を私たちは越えられるのか vol.1

先人の呪い この負の遺産を私たちは越えられるのか vol.2

先人の呪い この負の遺産を私たちは越えられるのか vol.3

先人の呪い この負の遺産を私たちは越えられるのか vol.4

先人の呪い この負の遺産を私たちは越えられるのか vol.5

 

 

このブログ内の記事について

『記事に「........」と書いてあるけど、
このことをもう少し詳しく知りたい。』

『こういう時はどこに相談に
行ったらいいの?』

などの質問やコメントなど
お気軽にどうぞ。

質問等については
こちら のフォームをご利用ください

また質問の時は

自分のこと
家族のこと
友人知人のこと
福祉の勉強中

など

併せて教えてもらえると
より適切な答えができます。

個人情報については

こちらからの回答のため以外に
第三者に提供することは
ありませんので

安心してご連絡ください。

 

ノアのおすすめ記事

止まったままの時間 癒されない傷

力強く背中を押してくれた遠くからの電話

-社会は人の支え合いでできている, 福祉ってなに?

© 2021 ノアの お助け福幸せさがし