福祉ってなに?

個々の選択 生活保護を利用しないことを選んだのはどうして?

こんにちは!
ノアです

「生活保護が必要な人」
そう聞いて

どういうイメージがありますか?

 

見つからない人

ある日のことです

 

福祉事務所に
K町の担当者から
連絡がありました

 

「うちのまちの
G山の登山道近辺に

身元不明の人が
住んでいるらしいのです」

 

「らしいとは?
どういうことですか?」

 

「それがテントひとつで
周辺を転々としている

ということで」

 

「住んでいるとは
姿をよく見るとかですか?」

 

「山菜取りに行った住民が
その人と話したそうです

 

お金がなくて

野草を採ったり
魚を釣ったりして

しのいでいるらしいと」

 

「はあ…」
福祉事務所のK町担当者は

 

次の展開が見えつつも
ほかに返事のしようが
ありませんでした

 

「通報してきた住民が

もうすぐ冬になるし
クマもいるし

なんとかしてあげられないかと」

 

K町の役場の担当者も
困惑しているようでした

 

「男性か女性かわかりますか?
あとはおおよそ何歳くらいか」

 

「男性です
50代か60代くらいとか」

 

「あとは本人次第ですね

生活保護を申請したいと
言うのなら受けますが

生活の拠点の確保が必要です

町営住宅に入居できますか?」

 

「空きはあるはずなので
住宅担当者に聞いてみます」

 

「本人には会えますか?」

「この辺りにいるらしい
というのは聞きましたが

とにかく転々としているようで」

 

「では明日
そちらに行く予定なので
少し探してみます」

 

「お願いします
こちらでも少し
情報を集めてみます」

 

翌日福祉事務所の担当者と
K町の担当者数名で

その人を探しました

 

藪に向かって
呼びかけもしましたが

結局それらしい人は
現れませんでした

 

 

 

ホームレスの人

ホームレスの人が
倒れて緊急搬送され

搬送先の病院の相談員から
医療費の相談がありました

 

 

福祉事務所の担当者が
すぐに病院に行って

入院費が払えないとのことで
緊急で保護しました

 

 

ところが本人のことが
何もわかりません

 

本籍地を聞いても
「忘れた」

 

家族のことを聞いても
「誰もいない」

 

普段はどこで
どんな生活をしているのか

 

いくら聞いても
「色々なところ」とか

「色々やって」など

はぐらかすのです

 

生活保護の趣旨を話し

これを機に
生活の立て直しを
勧めたのですが

 

「ご迷惑をおかけして
すみません」

身を縮めるようにして
誤るばかり

 

 

退院が迫ってきたので

 

福祉事務所の担当者は
病院の相談員と手分けをして

家を貸してくれそうな
大家さんをあたり

 

生活保護を受けているなら
貸してもいいという
大家さんが見つかりました

 

そのことを相談員に伝えると

「私も連絡するところでした」
相談員が言いました

さっき私が外勤している間に
退院してしまったんです」

 

「退院?って
どこに行ったのですか?」

 

「それがわからないんです

主治医が本人に
どうしても退院したいと言われて

 

病状も安定したということで

来週になったら
外来に来るように指示して

 

退院を許可してしまったんです」

 

 

「では次回病院に来たら
引き留めて連絡をください

今後の生活保護については
その後で決めます」

 

病院の相談員に
そうお願いをして

福祉事務所の担当者は
連絡を待っていました

 

 

しかし約束の日に本人は
病院に現れず

 

 

福祉事務所ではやむを得ず

生活保護を退院日で
廃止せざるを得ませんでした

 

 

選択の自由

生活保護の利用で

生活を立て直すため
支援をするのは
国の義務です

 

ですが適切に
制度を利用してもらうため

 

色々なことを
調査しなければなりません

 

それまでの人生について

触れてほしくない人

身内や肉親と
関わりを断っている人など

 

福祉の担当者が見ても
生活保護を受けてほしい

と思うのに

拒む人に強制はできません

 

 

もし単に「恥じ」の意識が
問題なのであれば

 

それを払しょくしてもらうのは
福祉担当者の仕事です

 

 

また例えば所在を

身内に隠している原因が
DVなど心身を守るためなら

 

本音を聞けないのも
担当者の責任です

 

制度を上手に利用してもらうため
できるだけの支援をして

 

それでも生活保護の利用を
本人が拒むのであれば

 

残念ですがそれが制度の限界

ということかもしれません

 

 

考えなければならないことは

沢山あるような気がします

 

 

このブログ内の記事について

『記事に「........」と書いてあるけど、
このことをもう少し詳しく知りたい。』

『こういう時はどこに相談に
行ったらいいの?』

などの質問やコメントなど
お気軽にどうぞ。

 

質問等については
こちら を利用できます。

 

また質問の時は

自分のこと
家族のこと
友人知人のこと
福祉の勉強中

など

併せて教えてもらえると
より適切な答えができます。

個人情報については

こちらからの回答のため以外に
第三者に提供することは
ありませんので

安心してご連絡ください。

 

ノアのおすすめ記事

知らないと怖い 急性期 回復期 慢性期 病棟の違い

障がい者用の駐車場は必要?考えたことありますか?

-福祉ってなに?

© 2020 社会福祉士ノアの 福祉や高齢者の生活・介護の悩み事相談室