社会は人の支え合いでできている 福祉ってなに?

障がい者用の駐車場は必要?考えたことありますか?

投稿日:2018年10月8日 更新日:

こんにちは! ノアです。

お天気のいい日、
快適なドライブ。いいですね~

その前に

ちょっと考えてみましょう!

 

テレビ広報

最近見たテレビ広報で、
ある道の駅の駐車場を映し

『普通車やバイクは、
大型車用に広く確保した駐車場に
駐車するのをやめましょう!』

とマナーを呼び掛けているものがありました。

本気ですか?
呼びかけるべきことは
それだけですかぁ?

多くの方が便利に利用する道の駅ですが、

これだけの広報映像を作って
駐車場のマナーを呼び掛けるのでしたら、

身障者用の駐車スペース利用についても、
併せてマナーを呼び掛けても
いいと思うのですが。

 

自力の車椅子と車の乗降

車椅子ユーザーの古い友人は、
自分で車を運転して外出していました。

彼は車に乗る時に、
車のドアを一杯に開き、

車椅子から運転席に乗り移り、

片手で自分の車椅子をたたんで、
自分が座ったシートを少し下げて倒し、

上半身も少し倒し、
たたんだ車椅子を持ち上げて
自分の膝の上を通過させ、

車椅子をシートを倒した
助手席のスペースに置きます。

車から降りるときは、
この作業過程を反対にたどります。

私が一緒にいても、
手伝う余地などありませんでした。

当時は彼もまだ若く、
腕の筋肉もしっかりとあり、
一人で軽々とこれをやってのけていましたが、

車のサイドに十分なスペースがないと、
車の乗降は不可能です。

 

介助での車椅子と車の乗降

3年前に亡くなった私の母も
車椅子ユーザーでした。

車椅子は介助者がたたみ
車のトランクに入れましたが、

車のドアを一杯に開いて、
車椅子と車の乗り降りをするのは、
介助がない人と同じでした。

段差や地面が傾いていないか確認し、
雨が降る日は私か夫が傘をさし、
周囲の車通りに気を配り。

身障者用の駐車場がないお店では、
車のサイドに空間を確保するために
端にある駐車スペースを探して
駐車場をうろうろしました。

 

身障者の外出

車椅子ユーザーの中には、
外出を躊躇する方もいます。

色々考えると
外出しないことを
選択することになるそうです。

身障者用の駐車場は、
お店の入り口付近にあることが多いためか、

身体に障害がない人も
平気で駐車する人がいます。

誰だって遠くの駐車スペースより
近くの駐車スペースに駐車する方が
便利でいいですよね。

その気持ちもよくわかります。

でも、ちょっと想像してみませんか。
車椅子ユーザーにとって、
車椅子は足です。

車のサイドが広く空いていることが
必要な人がいます。

それでもあなたは、
近くて便利だという理由で、

身障者用の駐車場に
自分の車を駐車しますか?

 

 

 

 

このブログ内の記事について

『記事に「........」と書いてあるけど、
このことをもう少し詳しく知りたい。』

『こういう時はどこに相談に
行ったらいいの?』

などの質問やコメントなど
お気軽にどうぞ。

 

質問等については
こちら を利用できます。

 

また質問の時は

自分のこと
家族のこと
友人知人のこと
福祉の勉強中

など

併せて教えてもらえると
より適切な答えができます。

個人情報については

こちらからの回答のため以外に
第三者に提供することは
ありませんので

安心してご連絡ください。

 

 

-社会は人の支え合いでできている, 福祉ってなに?

Copyright© 社会福祉士ノアの 福祉や高齢者の生活・介護の悩み事相談室 , 2019 All Rights Reserved.