社会は人の支え合いでできている

未来のために突き付けられている問題にどう立ち向かうのか

こんにちは!
ノアです

 

2021年5月

私たち全人類が

手探りで進もうとしています

 

薬を使うリスク

私の母は膠原病でした

 

膠原病は原因のわからない
炎症が発症する病気で

いくつかの病気の
グループ名のようなものです

 

長い間不調の原因もわからず
病名もつけられず

 

最終的に医師に勧められた薬は
副作用が強い薬でした

 

当時の医学では
その薬を使うよりほかに
病状を抑える方法がない
と言われました

 

私も母から相談を受け

 

「病気の苦痛に耐えるか
先々の副作用を選択するか

どちらのリスクを取るのか
選択できるのは本人だけだよ」

 

と答えた記憶があります

 

薬で快適に生活する

迷った末に母は

薬の服薬を選択しました

 

病状が抑えられている期間は
外出も旅行も元気にすることができ

 

母の病気を知らない人は
母を健康で元気な人だという
印象を持っていたようです

 

自分で車を運転して
大好きな温泉巡りを楽しみ

毎週欠かさずに
コーラスの練習に参加し

 

コンクールに出たり

地域のボランティアも
やっていました

 

すぐそばで見ていても
母が持病を抱えていると
忘れるくらいでした

 

薬を使いながら

薬を使い始めた母は

3年に1回くらい

電池が切れたように
突然不調を訴え

 

1か月程度の入院で
薬の調節を必要としました

 

その入院期間も
年齢を重ねるとともに

だんだん長くなり

 

最後は2年に1回

半年近い入院を
必要とするように
なっていきました

 

やがて薬の副作用で

常に肺炎のリスクを負い

皮膚がすっかり薄くなり

 

壁に手をぶつけただけで
救急病院に行かなければならないほどの

けがをしたりするように
なっていったのです

 

自分で判断する

薬は病気の人の社会活動を
支える一方で

場合によっては
社会生活を破壊するものにも
なります

 

今世界では
COVID-19のワクチンについて
色々な情報が
交差しています

 

変異ウイルスの出現で
効き目について
色々な説があったり

 

アナフィラキシーショックが
報告されたり

 

一方では
ワクチンさえ打てば
元の生活に戻れる

という話もあります

 

ネットやテレビなど
溢れる情報の中で

私たちは
何を選択するのか

 

メリットもリスクも含めて

何が正しい情報なのか

という判断からはじまり

 

ワクチンを接種するのか

 

慎重に行動選択をしながら
ワクチンを使わずに
生活をしていくのか

 

すべてを自分で選択をして
未来をつかみ取る道を
探らなければならない

 

全人類がその選択に
迫られるのは

もしかすると
人類の歴史史上
はじめてのことかもしれません

 

私たちはこの難題に
どう立ち向かっていくのか
日々問われ続けています

 

 

-社会は人の支え合いでできている

© 2021 ノアの お助け福幸せさがし