介護を知りたい 高齢者の生活 家族にできること

公的な介護保険で利用するヘルパーサービス

投稿日:

こんにちは!ノアです

 

今回は
在宅生活で心強い助け手となる

公的な介護保険の

ヘルパーサービスの
お話です

 

ヘルパーサービスってなに?

ヘルパーサービスは

公的な介護保険では
訪問介護と呼ばれます

 

この記事ではわかりやすいように
ヘルパーサービスと呼びますね

 

ヘルパーサービスは

掃除や料理をしてもらったり

 

足が悪くて
ひとりで入浴ができないなど

 

日常生活で

誰かの手を借りる
必要がある人を

手伝ってくれるサービスです

 

ヘルパーサービスの料金負担

ヘルパーサービスは
介護保険が使える状態

 

つまり介護認定が
されている場合

 

7割から9割は
介護保険からお金が出ます

 

このサービスを
利用する人は

残りの1割から3割の
料金負担で済むのです

 

生活援助

ヘルパーサービスで
生活援助というと

 

掃除や洗濯
買い物や調理のような

主に家事の代行のことです

 

もちろん自分ではできない
という大前提があります

 

 

身体介護

このサービスは

 

飲み込む力が弱い
利用者のペースにあわせて

むせたりしないように
食事を口に運ぶなど

食事を食べることを
手助けしたり

 

おむつ交換

 

足元が不安定な人の

体を支えたり
体を洗うなどの

入浴の介助や

 

 

体がかたくて
曲がらなかったり

骨や皮膚が弱くなっている
利用者の着替えなど

 

危険がないように
行う必要があります

 

そのために

身体介護をするヘルパーは

家事などのほかにも
専門の勉強をしています

 

生活援助のヘルパーが

みんな身体介護が
できるというわけではないので

 

憶えておいてください

 

 

 

 

それで自己負担はいくら?

 

ここに訪問介護の

全て1割の基準の金額を
あげてみます

 

2018年度の料金です

 

家事をする生活援助だと

20分以上45分未満 181円

45分以上は    223円

 

身体介護の場合は

20分未満      165円

20分以上30分未満  248円

30分以上1時間未満  394円

1時間以上      575円

30分増すごとに
83円が加算されます

 

高いと思いますか?
安いと思いますか?

 

ヘルパーは家政婦ではない

介護保険は単に

対価を払って買う

というサービスとは
異なっています

 

例えば

介護度によって
使える総額(限度額)も
決まっていますし

 

ちょっと郵便を出してきてほしい

とか

ケアプランに
買い物が入っていないのに

ちょっとコンビニに
行ってきてほしい

 

ということは
一切依頼できないことに
なっています

 

 

また家族が仕事で忙しいから

家族の共用スペースも
掃除をしてほしい

とか

高齢の母親の食事と一緒に
父親の分も調理してほしい

ということも依頼できません

 

ヘルパーが支援できるのは
利用者本人のことで

 

予めケアプランで決められた
ことだけです

 

こういうことも頼みたい

ということがあったら

 

まずケアマネージャーと
相談してください

 

 

ヘルパー利用例

ヘルパーサービスの
利用料金について

モデルケースで
考えてみましょう

 

長女と同居の
80歳女性のTさん

 

足が悪いため
入浴に介助が必要です

 

ケアマネージャーと
相談をして

 

毎週土曜日に
入浴介助と

利用者の部屋の掃除

利用者分の洗濯

 

水曜日にも

利用者の部屋の掃除と洗濯で

 

ヘルパーサービスを
頼みました

 

土曜日は身体介護で30分
生活援助で30分

と考えると

181円∔394円=575円

 

水曜日は

生活援助45分で223円

 

同じ生活援助内容で

土曜日と水曜日で
時間が違うのは

 

寝具などの洗濯や
ベットメーキングなどを

水曜日に行うことにして

洗濯機も2回まわせる時間を
確保したためです

 

 

細かいことかもしれませんが
生活援助のプランは

このような作業時間を
組み立てて作成します

 

 

実際の自己負担額

Tさんの例では

 

1週間分のヘルパーサービスの
自己負担額は

575円∔223円=801円

と言いたいところなのですが

 

実は2018年度

地域によって
物価や人件費が違うことから

地域区分というのができました

 

また利用するサービスの報酬のうち

人件費に利用する割合というのが
決められており

ヘルパーサービスの場合は70%で
これも利用料に影響します

 

 

具体的にはモデルのTさんが
東京に住んでいるとします

 

ヘルパーサービスの人件費割合70%

東京都の地域上乗せ割合20%

計算は

70%×20%=14%

 

東京都のヘルパーサービス料金は

14%増しとなり

 

土曜日の自己負担は
575円×1.14=655円

水曜日の自己負担は
223円×1.14=254円

1週間で909円

1か月を単純に4週間として

909円×4=3,636円が
Tさんが負担する

1か月のヘルパー利用料です

 

さらに注意しなければならないのは

例えばケアプランに
買い物が入っていると

その交通費やガソリン代が
別にかかったりすることも

あります

 

自己負担額が基準額よりも

2倍3倍ということはありませんが

 

10月の消費税率の改定も
基準に影響していきますので

 

今後の利用料の変更を

見守っていく必要があります

 

 

次回は在宅で使う介護サービスから

訪問リハビリテーションについて

お話します

 

 

 

なおこの記事について

 

次回まで待てないという方

『記事に「........」と書いてあるけど、
このことをもう少し詳しく知りたい。』

『こういう時はどこに相談に
行ったらいいの?』

などの質問やコメントなどは

こちら からどうぞ

 

また質問の時は

自分のこと
家族のこと
友人知人のこと
福祉の勉強中

など

併せて教えてもらえると
より適切な答えができます。

個人情報については

こちらからの回答のため以外に
第三者に提供することは
ありませんので

安心してご連絡ください。

 

 

ノアのおすすめ記事

入院すると利用していた介護保険はどうなる?

在宅で生活するためにどんな介護サービスを選ぶ?

 

 

おすすめ健康ブログ

リハビリテーションの専門家である
作業療法士の監修のもとで書いている

健康ブログのご紹介です

 

直近の記事では

自分に合う枕の高さを
自分で確認する方法がわかります

 

肩こりと頭痛のツボ
 

-介護を知りたい, 高齢者の生活 家族にできること

Copyright© 社会福祉士ノアの 福祉や高齢者の生活・介護の悩み事相談室 , 2019 All Rights Reserved.